2006年04月22日

毒の王様、世継ぎの粉

ヒ素ほど有名な毒薬もありません。
無職・無臭・無味。
しかも即効性はなく、ターゲットに蓄積させ続けられます。
ルネサンス時代に暗殺一家として名を馳せた
ボルジア家の十八番がヒ素でした。
ナポレオン暗殺説の根拠として挙げられる毒素もヒ素です。
真贋不明ながら自称ナポレオンの毛髪からは
確かにヒ素が検出されています。

こんなヒ素ですが、実は薬としても歴史も同様に長いです。
ヒッポクラテスは紀元前5世紀にすでに
ヒ素を使って潰瘍治療を行っています。
梅毒に対する特効薬として脚光を浴びたのも、
ヒ素化合物のサルバルサンでした。
喘息や癌まで幅広く使われた「ファウラー液」にもヒ素が含まれています。

毒のような薬のようなやっぱり劇薬。
そんなヒ素です。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。